重要事項説明書と契約書


TOP > 住まい探しコラム

重要事項説明書と契約書

1.重要事項説明書と契約書

いよいよ物件が決まると、契約の手続きに進みます。

この手続について、法律では、「重要事項の説明契約の締結」という2段階構成になっています。つまり「重要事項説明書」と「契約書」の2つの書面が交付されることになります。

不動産契約の流れ

2.重要事項説明書

不動産の売買・賃貸などの取引を行う際、思わぬ損害やトラブルを防ぐためには、対象となる不動産や取引の内容など、重要な事項については十分に確認したうえで契約を結ぶ必要あります

 

しかし、一般の方にとって、不動産の権利関係や法律の内容を自力で調査することは困難なことです。

そこで「宅地建物取引業法」という法律で、不動産業者に、契約成立までの間に、お客様に対して、1取引物件2取引条件3その他の事項に関する重要な事項について、宅地建物取引主任者が書面を交付して説明することと定められています。

 

重要事項説明の制度は、お客様に対し契約を結ぶ前に、契約を受けるかどうかの判断をするうえで重要な内容を、専門的な知識のある取引主任者から書面で説明することにより、誤った判断による契約を未然に防ぐことを目的としています。

 

重要事項の内容について不明な点、不安な点があったら、担当の取引主任者に、納得がいくまで質問をしましょう。場合によっては、改めて内容の確認をしてもらったり、どうしても納得がいかなければ、この段階では契約しないことも可能です。

 

とくに売買契約などでは、内容が広範囲にわたり、一度に膨大な説明を受けても即座に理解することは容易ではありません。したがって、できるだけ早い段階で説明を受けるようにしましょう。「売買契約の日に、初めて重要事項説明を受けて押印し、すぐに契約締結」ということは絶対に避けるべきです。

 

またそのようなことがないように、しっかりと信頼できる不動産業者(主任者)に仲介の依頼をすることは言うまでもありません。

3.契約書

重要事項の説明を受けたら、次に契約の締結になります。


契約の締結とは、
1、目的物件の特定、代金、支払条件、所有権移転登記申請(売買の場合)、引渡し等契約内容について、当事者間の合意の成立。
2、合意した契約内容を書面(契約書)にし、当該書面に当事者および媒介業者並びに取引主任者の署名押印。
3、その書面を契約当事者がそれぞれ交付を受け、保有する。
ことをいいます。

 

つまり、「売主と買主」あるいは「大家さんと賃借人」が、その契約する意思の内容を確認して書面にする手続きです。ですから通常、契約書は同じ内容のものを2通作成し、当事者それぞれが保有することになります(例外として契約書1通作成し、片方がコピーを保有する場合もあります)。

 

重要事項説明と同様、契約の内容についても、読み合わせ(説明、確認)を受け、納得した上で署名・押印するようにしましょう。

4.実務上は?

売買契約など、重要事項、契約書の内容が多い場合には、契約日(当事者双方が臨席して調印する日)よりも前に、個別に内容を説明する日時を設けます。

その段階で内容の読み合わせを行いますので、不明な点や不安な部分があったら十分に説明を受けるようにしましょう。また、契約日までの間に再度内容を確認し、安心・納得して契約に望むようにします。

5.ご相談ください

もしも当社以外の業者で「重要事項説明」や「契約書」の説明を受け、どうしても分からないこと、納得がいかないことがあったら遠慮なく当社にご質問ください。できる範囲内で、第三者の立場で、もちろん無料でご相談に乗らせていただきます。