資金計画の立て方と住宅ローンの選び方


TOP > 住まい探しコラム

資金計画の立て方と住宅ローンの選び方

1.用意できる自己資金を出してみる

住まいを取得するには住宅価格の最低でも20%以上の頭金を用意する必要があるといわれています。さらに税金、保険料、引っ越し費用、備品購入費などの予備費分として住宅価格の10%程度が目安といわれています。したがって自己資金は30%程度必要です。

2.自分たちの返済可能額を出してみる

住宅ローンを借りる際には、「いくらまで借りられるか」ではなく、「いくらまでだったら無理なく返済できるか」という心構えが大切。金融機関がつくっている返済基準は参考程度にとどめておいて、自分たちなりの返済可能額を計算してみましょう。

3.住宅ローンの情報収集

最近は銀行の数だけ住宅ローンの種類があるといわれるほど多彩。有利なローンを借りるには情報収集が重要な決め手です。インターネットをはじめ、新聞、マネー雑誌、住宅情報誌などからできるだけ多くの情報を集めるようにしましょう。

4.条件に合う住宅ローンを

住宅ローンを選ぶときには金利が高いか低いかばかりでなく、その金利がどのように決まるシステムになっているかも大事な要素。いまは有利でも将来不利になってしまうこともあります。また、借りるときにどのくらいの諸費用が必要かも要チェック。

5.返済方法を選ぶ

ある程度、利用するローンを絞り込んだら、返済方法を選びます。何年で返すのか、ボーナス払いを併用するのか、返済方式は元利均等か元金均等かなどを決めるのです。返済方法によって借入額が同じでも返済負担は大きく異なります。

6.借入額と返済額を確認する

以上のことを決めたら再確認。借入額と毎月の返済額などを計算して、もし不安が残るならスタートに戻る勇気が必要です。

7. 住宅ローンを申し込む

金融機関の審査が通り承認が下りたら、ローン契約(金銭消費貸借契約)を結びます。このとき中間金はいつまでにいくら下りるのか、そのときの利払いの方法などをしっかり確認。場合によってはつなぎ融資を借りることがあるのです。

8.借入金を受け取って返済を開始

ローン返済がスタートした当初は、新居に移った喜びのほうが大きいのでさほど負担を感じないかもしれませんが、時とともにじわじわと重みを感じる人もいます。ボーナスや保険金の満期などある程度まとまったお金ができたときは、繰り上げ返済を検討してみましょう。なお返済方法の変更については金融機関にご相談ください。